前回の投稿である

人生の選択肢を広げるため ー留学に行った理由ー

に引き続き、実際に留学に行ってみて人生の選択肢は広がったのかどうかについて書きます。

 

今思うと、

そもそも選択肢なんて無数にあるんだなと。

 

英語を学ぶ、留学をするなどの行動は今後の人生において大きな影響を与えることは間違いないです。

 

しかし、それが人生の選択肢を広げるのに必要だったわけではなく、一歩踏み出すことが重要だったのだと気づきました。

何かにチャレンジしたり、一歩踏み出すことで目の前にあったけど見えていなかった選択肢見つけることができるのだと実感しました。

 

 

今西の人生における選択肢は既に無数に広がっています。