Chainer Beginner’s Hands-on #02でメイン講師を弊社代表が抜擢されました

  • 2017/12/18
  • 会社

昨日、12月18日に開催された『Chainer Beginner’s Hands-on #02』のメイン講師に弊社代表の吉崎が抜擢されました。

申し込みの受付が始まると同時に定員がいっぱいになるほどの大盛況なイベントでした。

マイクロソフト社でのハンズオンイベントに続き、Preferred Networks社とのイベントでも貢献することができ、とても嬉しく思います。
関連:【Microsoft Japan Partner Conferenceで招待講演】弊社代表の吉崎がAzureとChainerハンズオンを担当

参加者の方全員でキカガクポーズ『機械学習ー!』

今回は、ニューラルネットワークの原理を数式で紹介するところから始まり、Chainerによるニューラルネットワークの記述法を勉強した後、メイントピックである画像処理向けのニューラルネットワークであるConvolutional Neural Network(CNN)について紹介しました。

また、マイクロソフト社のMicrosoft Innovation Centerの会場をお借りし、高性能なGPUを搭載したPCによる計算の高速化も体験していただきました。
CPUで計算すると3〜4秒かかっていた処理が、GPUを使用すると0.1秒で終わった!』と驚きの声もありました。

機械学習は『理論(数学)』と『プログラミング(実装)』も大事ですが、それだけでなく、計算の高速化も踏まえた『ハードウェアの特性理解』も必須となります。
今回体験していただいた高速化によって、どのぐらいGPUを使用することが大事かを感じていただける機会となっておりましたら幸いです。

そして、このGPUを使用するためには、『環境構築』のスキルも非常に重要といえます。
弊社で開催しているディープラーニングハンズオンセミナーでは、数学やプログラミングだけでなく、計算機の環境構築からお伝えしているため、多くの方から支持していただいています。
関連:ディープラーニングハンズオンセミナー 紹介ページ

イベントでは、『いままでのセミナーで圧倒的に一番良かった』という声を多くいただき、キカガクならではの実践的なスタイルの重要性を改めて感じました。

他にもセミナーや法人研修の開催依頼がありましたら、お問い合わせよりご連絡いただけますと幸いです。

ご参加いただいた方、運営にご協力いただいた方、ありがとうございました。