人工知能・機械学習の教育コンサルティング

キカガクの由来

PDCAを支える4つの柱『キカガク』

キカガク』の頭文字が機械学習をサービスに導入するための『PDCA』と対応しています。現場への機械学習の導入は、この『キカガク』の4つすべてが揃って初めて完成と言えます。

キ 教育(Plan)

機械学習を導入するためには、その内部を理解しておく必要があります。その理解を助けるための教育をセミナーオンライン家庭教師を通して提供します。

カ 課題設定(Do)

機械学習をうまく扱うためには、課題を正しく設定する必要があります。この課題設定、そしてその課題を解決するために収集すべきデータの設定に関してコンサルティングを行います。

ガ 学習モデル構築(Check)

データを収集した後、機械学習を駆使してデータを解析するためには学習モデルを構築する必要があります。この収集後のデータの前処理プログラミングを支援します。

ク 組み込み(Action)

機械学習によりデータ駆動の優位性が確認できた後、アプリケーションへ組み込む必要があります。Web APIなどの技術を駆使して組み込みを支援します。

PAGETOP
Copyright © 株式会社キカガク All Rights Reserved.