Di-Lite スキルを証明するための 3 つの資格について解説!

DX Blog

Di-Lite スキルを証明するための 3 つの資格について解説!

Di-Liteスキルを証明するための3つの資格について解説!


Di-Lite スキルとは新時代のビジネスマン全員に求められるデジタルリテラシーの範囲を指します。
先行きの見えない日本経済を生き抜くために、Di-Lite スキルを身に着けたいと考える方が増加しています。この記事では Di-Liteスキルの概要について案内し、Di-Lite スキルを証明するための資格試験について解説いたします。

Di-Liteスキルとはいったいなに?


出典:デジタルリテラシー協議会|Di-Lite 啓発プロジェクト

まず Di-Lite スキルとはいったいなんなのかについて紹介します。Di-Lite スキルは複数のスキルが組み合わさったものです。単純な IT スキルとは違い、ビジネスに活かせることが求められるスキルです。

Di-Lite スキルは 3 つある


Di-Lite スキルは大きく分けて 3 つのスキルに分類できます。

  • 統計、数学、データサイエンスのスキル
  • プログラミング、IT 全般を活用するスキル
  • AI 構築、活用することができるスキル


この 3 つのスキルが求められます。

Di-Liteスキルを証明する資格


Di-Lite スキルは 3 つのスキルが複合的にあわさったものだとご説明しました。
それぞれのスキルについて、身につけるための資格があります。
それは、

  • ITパスポート
  • データサイエンティスト検定
  • G検定


それぞれの資格が 3 つのスキルを学んだ証になります。
それではひとつひとつの資格についてみていきましょう。いったいどのようなことが学べるのでしょうか。

ITパスポート


ITパスポートは「国家資格」の一つです。IT に関する幅広い知識について問う問題が出題されます。
取得することで就職活動に有利に働くのか、ということに関してですがこれについては残念ながらず、すべての人に当てはまるということは難しいです。

なぜなら、IT に関わる人間にとって大前提となる知識が問われる資格試験だからです。
しかし、これは視点を変えることによって、有効性が生まれます。

例えば、40~60 代のビジネスマンの場合は資格取得で優位性を示すことができる可能性があります。これまで IT リテラシーとは無縁であった方であれば、IT パスポートを取得することによって新しい知識への学習意欲があることを示すことができるでしょう。

若いビジネスマンの方であれば、これから IT パスポートを取得するメリットはあまりないかもしれません。しかしながら、IT リテラシーに自信がないのでまずは何か一歩踏み出したいと思われているのであれば受講検討に十分値するのではないでしょうか。

データサイエンティスト検定


データサイエンティスト検定は、とてもシンプルに言えば統計や数学の知識を問う検定です。
しかしながら、データを扱うことも出題範囲に含まれるため、データベースやプログラミングについての知識も出題範囲に含まれます。

 データサイエンティストとして見習いレベル、アシスタントレベルになるために最低限必要な知識を網羅的に学ぶことができます。この資格を取得したからと言って、すぐにデータサイエンティストとして独り立ちできるわけではありませんが、それでもデータサイエンティストして必要な分野の知識を俯瞰して知ることができるので資格取得に大きな意味があります。

 データサイエンティストを単純なバズワードとして捉えてしまい「データを扱う人」といった解像度の低い状態でとどまるのではなく、この資格を勉強することによって、今後さらにどのように知識を深めていけばよいかを知ることができます。

G検定


 G検定は、近年は大企業を始めとして多くのビジネスマンが取得を初めている資格の一つです。AI についての知識を問うないようの試験であり、G検定を取得することによって「なんとなくの、イメージとしての AI」から脱却し、背景の理論や内部の構造などのイメージを捉えた上での AI を理解できます。

例えば、AI には機械学習と呼ばれる技術が用いられています。とくに、近年話題になっている AI には機械学習の一つであるディープラーニングが用いられています。ディープラーニングとはいったいどのような仕組みか等を G検定を勉強する上で学ぶことができるでしょう。
 
G検定を学べば、「AI がなんでも解決してくれる」「すべての人間の仕事をAIが奪う」などといった行き過ぎたAIへの印象を改めることができます。それだけでなく、今後企業が DX を推進していく上で AI を活用したビジネスの提案をできるようになる可能性があります。
 

Di-Liteスキルは転職に使える?


 ここまで Di-Lite スキルを学ぶための資格についてみてきました。
ビジネスマンとして気になることは、Di-Lite スキルが転職活動を行う上で有効活用できるのか、ということでしょう。 この点については今後さらに加速する DX の観点から見ていきたいと思います。

DX 人材になるためのリスキリング


 現在の日本は主要先進国から大きく遅れを取っています。その理由については様々な議論がされていますが、ここで一つだけ要因をあげるとするならそれは「IT 技術を活用した、生産性向上ができていない」ことでしょう。いまだにハンコ、ファックスから脱却できない企業は多いです。そのような旧態依然とした体制から進化するために、DX がいま話題になっていることはすでにご存知のことだと思います。DX を推進していく上で重要なことは、ビジネスマン各個人が新しい時代の IT スキルを身に着けて、それを活用していけるように周囲に働きかけることです。

多くの企業で「DX を推進していかなくてはいけない」という悩みを抱えています。しかしながら、その悩みを解決することができない理由は、そもそも DX 推進を行える人材がいないことにあります。企業は DX 推進を先導できる人材を求めているのです。では、DX 人材が備えておくべきスキルとはいったい何でしょうか?そのスキル獲得のラーニングパスのベースとなるのが、この Di-Lite になります。

まとめ

この記事では Di-Lite スキルの概要、そして Di-Lite スキルを身につけるための資格についてみてきました。もしも、この記事をみて Di-Lite スキルに興味をさらに深めたようでしたら、ぜひ受験を検討してみてください。

DX に取り組むにはまず全社員のスキル可視化が重要

昨今 DX 推進の重要性が叫ばれていますが、そのためにまずは全社員の DX スキルを可視化し現在の状況に合った DX 施策を打つことが重要です。
キカガクでは社員の DX スキルを定量評価する「全社員向け DX リテラシーアセスメント」を提供しています。

アセスメント無料体験

個人のリテラシーレベルを可視化することで必要な人材要件を定義できるようになり、人材育成のための研修を効果的に行うことが可能です。
現在「全社員向け DX リテラシーアセスメント」の無料体験を提供しています。
DX 推進のためにまず社員のリテラシーレベルを可視化したい担当者の方はぜひ無料体験にお申し込みください。

新着記事

【事例:DXプロジェクトマネジメント研修】地域DXを担う人材を育てる。百十四銀行が取り組むDX人材育成とは

2024.06.26

【事例:DXプロジェクトマネジメント研修】地域DXを担う人材を育てる。百十四銀行が取り組むDX人材育成とは

矢印

実務で使えるDXスキルが身につく!PBL(課題解決型研修)の概要と成功のポイント

2024.06.12

実務で使えるDXスキルが身につく!PBL(課題解決型研修)の概要と成功のポイント

矢印

【事例:ChatGPT 研修】生成AIの本質を理解し実践できるDX人材を育成!「手を動かす」研修で高い満足度を実現

2024.05.31

【事例:ChatGPT 研修】生成AIの本質を理解し実践できるDX人材を育成!「手を動かす」研修で高い満足度を実現

矢印

【事例:全社向け研修】住友ゴム工業株式会社:中期計画達成にむけて全社向け DX 人材育成を実施

2024.05.21

【事例:全社向け研修】住友ゴム工業株式会社:中期計画達成にむけて全社向け DX 人材育成を実施

矢印

# 導入事例
【事例:アセスメント&データ利活用人財育成】 株式会社西武ホールディングス:研修を研修で終わらせないための「アセスメント&カスタマイズ研修」〜育成導入担当者編〜

2024.03.29

【事例:アセスメント&データ利活用人財育成】 株式会社西武ホールディングス:研修を研修で終わらせないための「アセスメント&カスタマイズ研修」〜育成導入担当者編〜

矢印

【事例:アセスメント&データ利活用人財育成】 株式会社西武ホールディングス:研修を研修で終わらせないための「アセスメント&カスタマイズ研修」〜受講生インタビュー編〜

2024.03.29

【事例:アセスメント&データ利活用人財育成】 株式会社西武ホールディングス:研修を研修で終わらせないための「アセスメント&カスタマイズ研修」〜受講生インタビュー編〜

矢印

【事例:ビジネスアーキテクト研修】 株式会社イトーキ:デザイン思考×DX企画立案×生成AIでDXを活用するビジネスアーキテクト人財育成へ〜受講生インタビュー編〜

2024.03.22

【事例:ビジネスアーキテクト研修】 株式会社イトーキ:デザイン思考×DX企画立案×生成AIでDXを活用するビジネスアーキテクト人財育成へ〜受講生インタビュー編〜

矢印

【事例:ビジネスアーキテクト研修】 株式会社イトーキ:デザイン思考×DX企画立案×生成AIでDXを活用するビジネスアーキテクト人財育成へ〜育成導入担当者編〜

2024.03.22

【事例:ビジネスアーキテクト研修】 株式会社イトーキ:デザイン思考×DX企画立案×生成AIでDXを活用するビジネスアーキテクト人財育成へ〜育成導入担当者編〜

矢印

【事例:データサイエンティスト研修】 静岡ガス株式会社:実データ・実課題を扱った研修で、初学者から約半年で育成〜育成導入担当者編〜

2024.03.14

【事例:データサイエンティスト研修】 静岡ガス株式会社:実データ・実課題を扱った研修で、初学者から約半年で育成〜育成導入担当者編〜

矢印

オペレーターの女性
オペレーターの女性

資料請求

Document Request

DX 推進にお悩みの方はお気軽にご相談ください。


キカガクについて詳しく知りたい方

今注目のスキル可視化サービス

お問い合わせはこちら

導入企業の事例を紹介