【DX 人材育成方法をご紹介】DX 人材不足を解消するための方法とは?

DX Blog

【DX 人材育成方法をご紹介】DX 人材不足を解消するための方法とは?

DX 人材不足の背景と現状

デジタル化が進む現代社会において、DX 人材の重要性はますます高まっています。本記事では、DX とは何か、DX の進展による人材不足の現状、そして DX 人材不足の解消方法と事例をご紹介しつつ解説します。

DX とは何か?

DX は Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)の略で、企業や組織がデジタルテクノロジーを活用し、ビジネスプロセスや顧客体験、企業文化そのものを変革しようとする取り組みのことを指します。これには、AI、クラウドコンピューティング、データ分析、IoT(Internet of Things)など、新たなテクノロジーの活用が含まれます。

DX の進展による人材不足の現状

出典:IT 人材需給に関する調査

DX が急速に進展する一方で、その推進力となるべき人材が不足しているのが現状です。DX を実現するためには、デジタル技術の理解はもちろん、新たなビジネスモデルを創出したり、既存のビジネスプロセスを最適化したりするための視野や思考力も必要となります。しかし、現状ではこのようなスキルセットを持つ人材が足りないという問題が浮き彫りになっています。

上図は経済産業省がだしている先端 IT 人材のデータです。先端 IT 人材とは、ビッグデータ、人工知能(AI)、IoTロボット等の先端 IT 技術のサービス化や活用に対応できる人材を指します。

こちらの先端 IT 人材が 2025 年には約 36 万2030 年には最大で 79 万人不足する可能性があると予測されています。DX 人材の需要が拡大していく事に対し、供給が追いついていないことが見てとれます。

なぜ DX 人材が不足するのか?

DX 人材が不足する背景にはいくつかの要因があります。その内の一つは教育とスキル習得の問題で、新しいデジタル技術は日々進化しており、それに対応するための十分な教育体制が整っていないという現状があります。

また、企業内における意識の問題も大きく、DX の必要性を理解しつつも、具体的な取り組みに移すまでのハードルが高いと感じている組織が少なくありません。これらが複合的に作用し、DX 人材の不足という問題が生まれているのです。

DX 人材不足の課題と影響

DX 人材不足は、企業や組織、そして社会全体に大きな課題と影響を及ぼしています。企業の DX 推進の障害から、人材不足がもたらすリスクとコスト、さらには社会全体への影響まで、その様々な側面を掘り下げていきます。

企業における DX 推進の障害

企業における最大の DX 推進の障害の一つが、本記事の本題でもある DX 人材不足です。技術的な理解だけでなく、新しいデジタル技術をビジネスに適用し、それを推進するためのビジョンやリーダーシップが求められます。しかし、それらを兼ね備えた人材が不足しているため、企業は DX の推進に苦戦しています。これは、DX 戦略の策定から実行までの全てのフェーズに影響を及ぼし、企業の成長や競争力に大きな悪影響を及ぼします。

DX 人材不足がもたらすリスクとコスト

DX 人材不足は、企業にとって大きなリスクとコストをもたらします。代表的なリスクの一つは、デジタル化の遅れによるビジネスチャンスの損失です。また、不適切な人材に DX 推進を任せることで、プロジェクトの遅延や失敗、それに伴う金銭的な損失も考えられます。さらに、外部から高額で DX 人材を確保するためのリクルーティングコストも無視できません。

社会全体への影響

社会全体として見た場合、DX 人材不足は、経済成長や生活の質の向上、さらには国際競争力の視点からも大きな課題となります。特に、デジタル技術が急速に進化する現代社会では、それに対応できる人材が不足していると、社会全体のデジタル化が遅れ、イノベーションが阻害される可能性や情報格差の問題も深刻化する可能性があります。

DX 人材不足解消のための戦略

DX 人材不足という問題を解消するためには、具体的な戦略が求められます。以下では、教育と研修による人材育成、パートナーシップと外部リソースの活用、そして DX に必要なスキルセットとその獲得方法について説明します。

教育と研修による人材育成

DX 人材不足の解消には、教育と研修による人材育成が重要です。これには、企業内での継続的なスキルアッププログラムの設置や、新しい技術や手法についての最新情報を共有するための内部コミュニケーションの強化が含まれます。また、大学や教育機関と連携して、新たな人材の育成や現職者の再教育に取り組むことも有効です。

経済産業省では、DX 推進するための「デジタルスキル標準」を策定いたしました。それらに合わせた DX 人材育成方法についてもご紹介しております。詳細については、以下の記事でまとめておりますのでぜひご確認ください。

パートナーシップと外部リソースの活用

一方、全てのスキルを自社内で持つことは難しいため、パートナーシップの形成や外部リソースの活用も重要な戦略となります。専門的な DX コンサルタントや IT サービスプロバイダーとの協力により、企業は必要な DX スキルを迅速に取り入れ、事業の DX を加速することができます。

DX に必要なスキルセットとその獲得方法

DX に必要なスキルセットは、デジタル技術の理解だけでなく、それをビジネスに活かすための戦略的思考や、変革をリードするためのリーダーシップも含まれます。これらのスキルは、一部は教育とトレーニングにより獲得可能ですが、実際のビジネスシーンでの経験や、他の専門家からの学びを通じて身につけることが大切です。そのため、メンターシッププログラムの設置や、実際のプロジェクトに積極的に参加することも、スキル獲得の重要な一環となります。

実例と成功のポイント

DX 人材不足は、多くの企業が直面する共通の問題ですが、その一方で、成功している企業も存在します。以下では、これらの成功事例、その背後にあるベストプラクティス、そして未来を見据えた人材育成の考え方について説明します。

DX 人材を成功させた企業の事例

一つの成功事例として挙げられるのは、Amazon です。は強力なデジタルカルチャーを構築し、組織全体で DX を推進することで、業界をリードし続けています。また、Salesforce も、社員一人ひとりがデジタルスキルを習得し、顧客とのエンゲージメントを向上させるための DX を実施しています。これらの企業は、自身のビジネスモデルをデジタル化するだけでなく、社員のスキルセットを向上させることで、DX を成功させています。

DX 人材不足解消のためのベストプラクティス

DX 人材不足を解消するためのベストプラクティスとしては、以下のような点が挙げられます。

  1. 組織全体でDXの重要性を認識し、その推進に向けた共通のビジョンを持つこと
  2. デジタルスキルを持つ人材を育成し、その成果を組織全体で共有すること
  3. 外部の専門家やコンサルタントと連携し、新たな知見やスキルを取り入れること

全体での推進、DX 推進人材の育成、外部と連携し足りない知識を補完という様々な角度から対応することが現在できうる DX 人材不足解消方法です。自社がどのフェーズに力を入れる必要があるのか参考にしてみてください。

未来を見据えた DX 人材育成の考え方

DX 人材育成においては、現在のニーズだけでなく、未来のビジネス環境やテクノロジートレンドを見据えることが重要です。新しい技術の進化や市場の変動に対応できるような、持続的な学習とスキルアップが必要です。また、デジタル技術を活用するだけでなく、それをビジネス戦略に組み込む能力を持つ人材の育成も求められます。このような未来志向の考え方は、企業が持続的な競争力を保ち、DX を成功させるために必要不可欠です。

まとめ:DX 人材不足の解決は可能

DX 人材不足は現代のビジネスにおける大きな課題ではありますが、それは決して乗り越えられない問題ではありません。ここでは、DX 人材不足解消への道のり、DX 人材育成への取り組みの重要性、そして人材不足の問題を越えて見える DX の未来についてまとめてみましょう。

DX 人材不足解消への道のり

DX 人材不足を解消するためには、具体的な戦略と計画が求められます。これには、教育と研修による人材育成パートナーシップの形成や外部リソースの活用、そして必要なスキルセットの理解とその獲得方法が含まれます。これらの取り組みを組み合わせることで、企業は DX の推進を加速し、人材不足の問題を解決することができます。

DX 人材育成への取り組みの重要性

DX 人材を育成し、その能力を最大限に活用することは、企業が DX を成功させるための重要な鍵です。DX 人材は、新しいデジタル技術をビジネスに適用し、その成果を最大化するための戦略と成果を提供します。そのため、企業は DX 人材育成に投資し、その成果を社内外で共有することが重要です。

人材不足の問題を越えて見える DX の未来

DX 人材不足の問題を解決することで、企業は DX の未来を広い視野と柔軟性を持ち対応できるようになります。新しいデジタル技術の活用は、企業のビジネスモデルを変革し新しいビジネスチャンスを生み出します。また、デジタル化が進むことで、企業はより効率的かつ効果的な業務運営を実現し、顧客体験の向上を図ることが可能になります。

これらの成果は、DX人材がもたらす価値の一部に過ぎません。人材不足の問題を越え、DX の全ての可能性を追求することで、企業はより良い未来を創造することができると言えるでしょう。

サービス資料のご紹介


株式会社キカガクでは、AI / 機械学習 / データサイエンス領域の研修を企業様向けに提供しています。ビジネス活用のための DX 人材育成を検討している企業が増えている一方で、新たな領域の学び始めには「ハードル」が存在すると思います。しかし、キカガクの体型的に学べるコンテンツをプロの講師が教えることによって、そのハードルを超えることが可能です。

初学者の苦労を経験したキカガク講師だからこそ、受講生ファーストでアットホームな講義を提供できます。弊社講座一覧、 e ラーニングについても載せておりますのでご確認いただけますと幸いです。

新着記事

【事例:DXプロジェクトマネジメント研修】地域DXを担う人材を育てる。百十四銀行が取り組むDX人材育成とは

2024.06.26

【事例:DXプロジェクトマネジメント研修】地域DXを担う人材を育てる。百十四銀行が取り組むDX人材育成とは

矢印

実務で使えるDXスキルが身につく!PBL(課題解決型研修)の概要と成功のポイント

2024.06.12

実務で使えるDXスキルが身につく!PBL(課題解決型研修)の概要と成功のポイント

矢印

【事例:ChatGPT 研修】生成AIの本質を理解し実践できるDX人材を育成!「手を動かす」研修で高い満足度を実現

2024.05.31

【事例:ChatGPT 研修】生成AIの本質を理解し実践できるDX人材を育成!「手を動かす」研修で高い満足度を実現

矢印

【事例:全社向け研修】住友ゴム工業株式会社:中期計画達成にむけて全社向け DX 人材育成を実施

2024.05.21

【事例:全社向け研修】住友ゴム工業株式会社:中期計画達成にむけて全社向け DX 人材育成を実施

矢印

# 導入事例
【事例:アセスメント&データ利活用人財育成】 株式会社西武ホールディングス:研修を研修で終わらせないための「アセスメント&カスタマイズ研修」〜育成導入担当者編〜

2024.03.29

【事例:アセスメント&データ利活用人財育成】 株式会社西武ホールディングス:研修を研修で終わらせないための「アセスメント&カスタマイズ研修」〜育成導入担当者編〜

矢印

【事例:アセスメント&データ利活用人財育成】 株式会社西武ホールディングス:研修を研修で終わらせないための「アセスメント&カスタマイズ研修」〜受講生インタビュー編〜

2024.03.29

【事例:アセスメント&データ利活用人財育成】 株式会社西武ホールディングス:研修を研修で終わらせないための「アセスメント&カスタマイズ研修」〜受講生インタビュー編〜

矢印

【事例:ビジネスアーキテクト研修】 株式会社イトーキ:デザイン思考×DX企画立案×生成AIでDXを活用するビジネスアーキテクト人財育成へ〜受講生インタビュー編〜

2024.03.22

【事例:ビジネスアーキテクト研修】 株式会社イトーキ:デザイン思考×DX企画立案×生成AIでDXを活用するビジネスアーキテクト人財育成へ〜受講生インタビュー編〜

矢印

【事例:ビジネスアーキテクト研修】 株式会社イトーキ:デザイン思考×DX企画立案×生成AIでDXを活用するビジネスアーキテクト人財育成へ〜育成導入担当者編〜

2024.03.22

【事例:ビジネスアーキテクト研修】 株式会社イトーキ:デザイン思考×DX企画立案×生成AIでDXを活用するビジネスアーキテクト人財育成へ〜育成導入担当者編〜

矢印

【事例:データサイエンティスト研修】 静岡ガス株式会社:実データ・実課題を扱った研修で、初学者から約半年で育成〜育成導入担当者編〜

2024.03.14

【事例:データサイエンティスト研修】 静岡ガス株式会社:実データ・実課題を扱った研修で、初学者から約半年で育成〜育成導入担当者編〜

矢印

オペレーターの女性
オペレーターの女性

資料請求

Document Request

DX 推進にお悩みの方はお気軽にご相談ください。


キカガクについて詳しく知りたい方

今注目のスキル可視化サービス

お問い合わせはこちら

導入企業の事例を紹介