Di-Liteが今注目されている理由はなに?なにを始めればいい?

DX Blog

Di-Liteが今注目されている理由はなに?なにを始めればいい?

Di-Lite が今注目されている理由はなに?なにを始めればいい?


出典:dilite.jp

Di-Lite スキルという言葉を最近耳にすることが多くなりました。Di-Lite スキルとはいったい何なのでしょうか?この記事では、Di-Lite スキルを構成する 3つ のスキルとそのスキルを身につけるべき理由や、身につけた後にあるメリットについて見ていきます。

Di-Liteとはいったいなんなのか?



出典:dilite.jp

ここでは Di-Lite を構成する 3 つのスキルを紹介します。
Di-Lite は 3 つのスキルが合わさったものです。

  • ITスキル
  • データサイエンス
  • AI


この 3 つのスキルが重なり合った部分を Di-Lite スキルといいます。
では、それぞれのスキルについてみていきましょう。

ITスキル

IT スキルとはスマートフォンやパソコンの使い方から、エクセルやパワーポイントのようなオフィスソフトを活用できる能力、プログラミング能力、データベース、セキュリティ、通信プロトコルや Web の仕組み、ブロックチェーンや AI などの最新の技術動向など...すべてあげていくとおわりがありません。
そのように聞くと「膨大な知識をすべて把握しなければならないのか」と気後れしてしまいそうですが、その心配は不要です。なるべく広く知識を身につけることが大事で、さらに重要なことは「ずっと学び続ける意識を持つ」ということです。

大前提として知っておいてほしいことは、IT スキルは多岐にわたるものです。 IT のスキルというのは、これまで全く触れてこなかった人からするとたった 1 つにまとまっている、なにか大変に難解で身につけることがとてもハードルの高いものだと勘違いされがちです。しかしそれは誤りです。これは例えるなら「農家」と聞いて「りんご農家」も「米農家」も同じものだとまとめてしまうような危うさがあります。
ですから IT スキルと聞いて気後れする必要はありません。自分がすぐに学ぶことを初められる分野さえ見つけることができれば、自信をつけることができ、そこからさらに発展して横に展開していくことができるでしょう。

データサイエンス

データサイエンスを誤解を恐れずシンプルに言い換えるなら「統計」です。 データサイエンスをスキルとしてより説明するのであれば、次のように言えます。 データサイエンススキルとは「データを活用してビジネスに応用できる能力」です。

企業に蓄積されているデータや、世間的に公開され、誰でも触ることのできる統計情報を用いて、ビジネスに活用できる能力とも言えるでしょう。
例えば、顧客から集めたアンケートを見やすい形に整形し、グラフにすることも単純ですがデータサイエンスの能力といえます。さらに発展すれば、例えば建設機器に取り付けられたセンサーの情報をデータベースから引き出し、そのデータから機器の故障を予測する、というのもデータサイエンス能力が活用された形の一つです。

データサイエンス能力にはプログラミングのスキルだけでなく、数学や統計の知識、ネットワークや SQL、データベース、それだけでなく、ビジネス的な発想も求められますし、時には経営層に訴えかけられるようにプレゼン力も必要かもしれません。前述した IT スキルがここに重なってくることに、お気づきの方もいると思います。 Di-Lite が複合的なスキルであることが徐々にご理解いただけてきたのではないでしょうか。

AI

AI の発展は近年目覚ましいことは、どなたでもご存知のことでしょう。検索エンジンを使っている人、カメラアプリの加工を使ったことがある人も、どんな人も AI の恩恵を受けています。

現代社会での AI はインフラに近いといえます。利用者としての立場であれば、AI はとても身近な世の中になりました。 しかしながら使う立場ではなく、AI を作る側としてのスキルが今後求められてきます。AI のスキルを身につける必要性が高まってくるのです。

「専門の大学を出てもいないし、理系ですらない、研究部署に縁の遠い自分が、AI スキルを身につけられるのか?」と疑問に思う人はまだまだ多いでしょう。しかし、難解に見える AI でも実は支えられている理論は高校数学を理解していれば、誰でも分かるほどシンプルなものです。

シンプルで誰でも活用できるからこそ、世の中にこれほどまで AI は広がっているといえるのです。 それでも「AI スキルは自分ちょっと」と思われるというのは、これは例えるなら「スマホはまだちょっと」と言っているようなものです。

たしかに、はじめて触り始めた頃はなんだか難しい、自分とは関係のないツールのように思えたかも知れないスマートフォンですが、今の社会では使えない人のほうが珍しいでしょう。AI を活用するスキルというのは、今後そのようなものになっていきます。

Di-Liteスキルを証明する資格

Di-Lite スキルは 3 つのスキルが複合的にあわさったものだとご説明しました。
それぞれのスキルについて、身につけるための資格があります。
それは、

  • ITパスポート
  • データサイエンティスト検定
  • G検定


それぞれの資格が 3 つのスキルを学んだ証になります。
それではひとつひとつの資格についてみていきましょう。いったいどのようなことが学べるのでしょうか。

IT パスポート

IT パスポートはその言葉の響きとは裏腹に、実は歴然とした「国家資格」の一つです。
IT に関する幅広い知識について問う問題が出題されます。取得することで就職活動に有利に働くのか、ということに関してですがこれについては残念ながらずべての人に当てはまるということは難しいです。

なぜなら、IT に関わる人間にとって大前提となる知識が問われる資格試験だからです。しかし、これは視点を変えることによって、有効性が生まれます。例えば、40 ~ 60 代のビジネスマンの場合は資格取得で優位性を示すことができる可能性があります。これまで IT リテラシーとは無縁であった方であれば、IT パスポートを取得することによって新しい知識への学習意欲があることを示すことができるでしょう。

若いビジネスマンの方であれば、これから IT パスポートを取得するメリットはあまりないかもしれません。しかしながら、IT リテラシーに自信がないのでまずは何か一歩踏み出したいと思われているのであれば受講検討に十分値するのではないでしょうか。

データサイエンティスト検定

データサイエンティスト検定は、とてもシンプルに言えば統計や数学の知識を問う検定です。しかしながら、データを扱うことも出題範囲に含まれるため、データベースやプログラミングについての知識も出題範囲に含まれます。データサイエンティストとして見習いレベル、アシスタントレベルになるために最低限必要な知識を網羅的に学ぶことができます。

この資格を取得したからと言って、すぐにデータサイエンティストとして独り立ちできるわけではありませんが、それでもデータサイエンティストして必要な分野の知識を俯瞰して知ることができるので資格取得に大きな意味があります。

データサイエンティストを単純なバズワードとして捉えてしまい「データを扱う人」といった解像度の低い状態でとどまるのではなく、この資格を勉強することによって、今後さらにどのように知識を深めていけばよいかを知ることができます。

G検定

G検定は近年は大企業を始めとして多くのビジネスマンが取得を初めている資格の一つです。AI についての知識を問うないようの試験であり、G検定を取得することによって「なんとなくの、イメージとしての AI」から脱却し、背景の理論や内部の構造などのイメージを捉えた上での AI を理解できます。

例えば、AI には機械学習と呼ばれる技術が用いられています。とくに、近年話題になっている AI には機械学習の一つであるディープラーニングが用いられています。ディープラーニングとはいったいどのような仕組み、数学的な理論で動いているのかをG検定を勉強する上で学ぶことができるでしょう。

G検定を学べば、「AIがなんでも解決してくれる」「すべての人間の仕事を AI が奪う」などといった行き過ぎた AI への印象を改めることができます。それだけでなく、今後企業が DX を推進していく上で AI を活用したビジネスの提案をできるようになる可能性があります。

Di-Lite スキルはビジネスマン必須と言われるわけ

ここまで Di-Lite を構成する 3 つのスキルをみてきました。ここからは、なぜこの 3 つのスキルが必要だと言われているのかをみていきましょう。

日本の労働生産性の低さ

日本の労働生産性が低いことは、様々な報道、データから明らかであることはご存知のことだと思います。原因はいろいろな要因があげられていますが、大きなものの一つとして「IT 技術を活用できていない」ことがあげられています。

特にリモートワークが広まった今のビジネスシーンにおいて顕著になったこととして Zoom を活用できない、といった人材がまだまだ多いことがあります。 さらに、 紙の請求書がいまだに必要であったり、稟議を通すためのハンコ文化、ファックスを使わないとできない注文、チャットではなく未だにメール、などあげればきりがありません。

なぜ、IT 技術がこれほど発展しているのにも関わらず、企業に導入できないのか、その原因については日本の文化的な背景、構造的な問題など要因が絡み合っています。 しかし、誤解を恐れずシンプルに言ってしまえば「ビジネスマンに Di-Lite スキルがないから」と言うこともできるのではないでしょうか。

DX が日本再生のカギ

DX という言葉を聞いたことない方はビジネスマンであればいないのではないでしょうか。DX とは日本の労働生産性を向上させるためのスローガンとして掲げられているキーワードです。

DX を実現させるためには Di-Lite スキルを身に着けられるかどうかがカギです。仮にすべての企業に務めるビジネスマンが Di-Lite スキルを身に着け、「いままでこうしてきたから」といった理由だけで続けられてきた慣習から脱却し、これまでボトルネックとなっていた生産性を著しく下げていた手続きを廃止することができれば、日本経済の再生につながることでしょう。

Di-Liteスキルは転職に使える?

ここまで Di-Lite スキルを学ぶための資格についてみてきました。
ビジネスマンとして気になることは、Di-Lite スキルが転職活動を行う上で有効活用できるのか、ということでしょう。 この点については今後さらに加速する DX の観点から見ていきたいと思います。

三菱UFJ銀行は Di-Lite スキルに注目している?

三菱UFJ銀行は激しい競争環境に対応するため、リスキリングに力を入れていると報じられています。
(参考:三菱UFJ銀行が全行員にDX教育、「コア人材」のスキルをどう定義したか

全社員に向けてデジタルリテラシー教育を行い、専門スキルの習得も一部の社員にむけて行わせているといいます。注目する点は、指定している外部資格を取得したものには最大で 90 万円を支給するという取り組みです。

資格について明記しているメディアはありませんが、「統計やプログラミング、人工知能(AI)」に関連する資格であることは判明しています。この内容はまさに Di-Lite スキルにあたるものだと言えるのではないでしょうか。

転職市場で今後求められる Di-Lite スキル

現在、DX やリスキリングは各業界、そして各企業しのぎを削って模索している最中です。なにが正解なのか現段階ではわかりません。しかし、大手銀行が Di-Lite に目をつけ既に行動を初めていることは確認できました。

この話題はゆっくりと業界の外へと広がっていくことでしょう。 そうなれば、転職業界にも Di-Lite スキルを一つのベンチマークとして扱い、ビジネスマンのスキルを測る一つの目安として用いることは予想に難くありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事では Di-Lite についてその概要とスキルの内容について確認いたしました。今後、DX を企業内で進めていくにあたってその担当者として活躍できる DX 人材を目指すことで、転職の可能性は広がる可能性があります。Di-Lite を構成する 3 つのスキルを身に着けて、転職市場での優位性を高めてみてはいかがでしょうか。

新着記事

【事例:DXプロジェクトマネジメント研修】地域DXを担う人材を育てる。百十四銀行が取り組むDX人材育成とは

2024.06.26

【事例:DXプロジェクトマネジメント研修】地域DXを担う人材を育てる。百十四銀行が取り組むDX人材育成とは

矢印

実務で使えるDXスキルが身につく!PBL(課題解決型研修)の概要と成功のポイント

2024.06.12

実務で使えるDXスキルが身につく!PBL(課題解決型研修)の概要と成功のポイント

矢印

【事例:ChatGPT 研修】生成AIの本質を理解し実践できるDX人材を育成!「手を動かす」研修で高い満足度を実現

2024.05.31

【事例:ChatGPT 研修】生成AIの本質を理解し実践できるDX人材を育成!「手を動かす」研修で高い満足度を実現

矢印

【事例:全社向け研修】住友ゴム工業株式会社:中期計画達成にむけて全社向け DX 人材育成を実施

2024.05.21

【事例:全社向け研修】住友ゴム工業株式会社:中期計画達成にむけて全社向け DX 人材育成を実施

矢印

# 導入事例
【事例:アセスメント&データ利活用人財育成】 株式会社西武ホールディングス:研修を研修で終わらせないための「アセスメント&カスタマイズ研修」〜育成導入担当者編〜

2024.03.29

【事例:アセスメント&データ利活用人財育成】 株式会社西武ホールディングス:研修を研修で終わらせないための「アセスメント&カスタマイズ研修」〜育成導入担当者編〜

矢印

【事例:アセスメント&データ利活用人財育成】 株式会社西武ホールディングス:研修を研修で終わらせないための「アセスメント&カスタマイズ研修」〜受講生インタビュー編〜

2024.03.29

【事例:アセスメント&データ利活用人財育成】 株式会社西武ホールディングス:研修を研修で終わらせないための「アセスメント&カスタマイズ研修」〜受講生インタビュー編〜

矢印

【事例:ビジネスアーキテクト研修】 株式会社イトーキ:デザイン思考×DX企画立案×生成AIでDXを活用するビジネスアーキテクト人財育成へ〜受講生インタビュー編〜

2024.03.22

【事例:ビジネスアーキテクト研修】 株式会社イトーキ:デザイン思考×DX企画立案×生成AIでDXを活用するビジネスアーキテクト人財育成へ〜受講生インタビュー編〜

矢印

【事例:ビジネスアーキテクト研修】 株式会社イトーキ:デザイン思考×DX企画立案×生成AIでDXを活用するビジネスアーキテクト人財育成へ〜育成導入担当者編〜

2024.03.22

【事例:ビジネスアーキテクト研修】 株式会社イトーキ:デザイン思考×DX企画立案×生成AIでDXを活用するビジネスアーキテクト人財育成へ〜育成導入担当者編〜

矢印

【事例:データサイエンティスト研修】 静岡ガス株式会社:実データ・実課題を扱った研修で、初学者から約半年で育成〜育成導入担当者編〜

2024.03.14

【事例:データサイエンティスト研修】 静岡ガス株式会社:実データ・実課題を扱った研修で、初学者から約半年で育成〜育成導入担当者編〜

矢印

オペレーターの女性
オペレーターの女性

資料請求

Document Request

DX 推進にお悩みの方はお気軽にご相談ください。


キカガクについて詳しく知りたい方

今注目のスキル可視化サービス

お問い合わせはこちら

導入企業の事例を紹介